様々な修理方法を利用して壊れた財布を元に戻そう

様々な修理方法を利用して壊れた財布を元に戻そう

財布

財布修理の流れ

財布を修理に出す際には、そのまま出すのではなくまず見積もりをしてもらうことが大切になります。見積もりをしなければ、修理後に予想外の費用が請求されることもあり、トラブルの元です。そのため、見積もりをしてもらう業者で修理してもらうもらわないどちらであっても、見積もりを取るようにしましょう。これは、直接お店で依頼する場合も、メールや電話などで見積もりをしてもらう場合でも同じです。しっかりと見積もりをして、納得がいってから修理の依頼を出しましょう。

革財布の修理方法

財布を修理するといっても、それぞれで状態が違うため、修理する目的に合わせて最適なことを行う必要があります。多いものでは、ほつれの補修があります。長く使用していると、自然と縫い目がほつれてきてしまいます。そのような場合には、元のミシン目を拾いながら縫い直していきます。また、革財布は濡れたりしてそのままにしておくと、カビが生えることがあります。そのような場合の修理は、クリーニングをしてカビが再発生しないような抗菌処理をしたりなど、状態によって修理方法は様々になります。

チャック部分の故障も修理できる

財布にチャックがついている場合、小銭を出し入れすることを頻繁に行っていると、チャックが壊れて開けにくくなったり、しっかりと閉めることができなくなります。しかし、チャックの部分も修理が可能なので、長く使用したい財布であれば直すことも選択肢の一つです。チャックのつまむ部分が折れた場合であれば、交換修理を行うことで簡単に元通りになります。また、チャックの横の破れなどがある場合は、チャック自体を交換することになります。

自分で修理する方法

自分で財布を修理する際には、修理が可能な場所を知っておくことが大事です。その際に、修理が簡単な場所がチャックと裏地になります。革財布であれば、後からチャックを付けているため、外して交換することもそれほど難しくありません。また、裏地の修理では布であることが前提で、革でできているものは素人では難しいのでやめておきましょう。ほつれなどの修理は簡単に見えますが、同じような強度の糸が必要であり、革専用の針が必要です。革の裁縫は失敗ができないので、大事な財布であれば購入したお店に相談した方が無難です。

専門業者に依頼すると安心

安い財布で仕上がりなども気にしないのであれば、自分で修理をすることも選択肢の一つですが、高級な財布で気に入っているのであれば、専門業者に依頼しましょう。専門業者であれば、修理に関するノウハウがあるので、様々な状態の財布の修理を依頼でき、安心できます。

広告募集中